高いワインと安いワイン、何が違うのでしょう?

トップ画像
プレゼントワインショップバナー
全商品、全国送料無料 全商品、全国送料無料

うんちくを分かり易く解説!メルマガタイトルは

「ワインが3倍楽しくなる豆知識」

メルマガは、できるだけ面白おかしく、これを知っていたらプレゼント選びにも役に立つ、
そして、できればご自身でも飲んでみたくなってもらえるように書いています。
専門的知識は崩さないようにしていますが、かなり簡略化している部分もありますことをご了承くださいm(__)m

#10 『芸能人格付け!ワインチェック!』

第10回「芸能人格付け!ワインチェック!」

ソムリエ吉岡の顔のイラスト  こんにちは。プレゼントワインショップの吉岡です。

 長年、相撲を見続けている僕は、最近、話題の逸ノ城の相撲を初めて見た時、すぐに彼の才能と凄さが分かりました! 体格が良いのはさて置き、力と技と柔軟性、センス、精神面など全てのバランスを感じました!
 昔の若貴曙時代を知る僕としては、海外勢に加え日本人横綱が現れてほしいところですが、 逸ノ城もおそらく勝ち続け、すぐに横綱になると思います。

 第10回目のメルマガは、安いワインと高いワインの見分け方について

テーマ「値段が高いワインと安いワインの違い」

ソムリエ吉岡の顔のイラスト
 ワインが分かりにくい要因は、種類が多いこと!! ぶどう品種だけでも有名なものだけで数十種類、産地も世界にたくさんありますし、栽培、醸造方法も様々です。

 ワインが安く仕上がる要因は簡単!大量生産です。 でも分かりにくいのが、高級ワインは、なぜそんなに高いのか!?ということですよね。

 高級ワインが高くなる要因は、産地の違い、 ワインの造り方、原料であるぶどうをどのように育てるかetc・・・です。※注1

 例えば、1本の樹からどのくらいのぶどうを収穫するか! 凝縮されクオリティーの高いブドウの実を収穫するためには、たくさんの栄養がぶどうに行くように、 剪定や房切り作業によって、収穫できるぶどうの実の数を減らさなければなりません。 高級なワイン生産者などは収穫高を 10分の1くらいまでに落としたりもします。
 ということは!ワインがボトル10本出きるものを1本にしてしまう訳です! 更に、良いぶどうだけを選んで収穫するために、多くの場合機械を使って行うところを、人件費をかけ全て手摘みにしたりもします!

 つまり、手間暇かけた少量だけど美味しいと評判のワインは、 『欲しい人が多い→市場で品切れになる→もっとお金を出しても欲しい人が増える→市場価格が上がる』 わけです。

 また、近年はお金持ちの中国人がパワフルな高級ボルドーワインを買うため、 高級ボルドーワインの価格はうなぎのぼりです。 しかし、マイナー産地の高級ワインは目もくれないので、そんなに値上がりしていません。※注2

 以上から、ワインの味わいを見極めるには、ぶどうの品質を感じることが、一番のポイントだと思います! 単調なワイン(濃いだけ、渋いだけ、果実味が多いだけ、飲みやすいだけ)は、高いワインではないです。
 やはり、高いワインは、上質なぶどうをイメージさせます。 単に力強く、濃いタイプのワインではなく、雑味がなく口当たりも良くて、酸味もあり、バランスが取れていて余韻の風味が長い。 フルーティーなタイプのワインでも香りが複雑で芳醇、酸味が全体を引き締め、 とても滑らかな口当たりで余韻が長く、ブドウ栽培、ワイン醸造の手間隙を感じます。

高いワインと安いワインの味わいの差を感じましょう^^

 ワインの値段の差を味わいや香りで感じるためのコツを2つお伝えいたします。

1、同じ大きなグラスに注ぎ、飲み比べる
2、同じぶどう品種のワインを飲み比べる

 まず、高級ワインは、大きなグラスで飲まないと、その美味しさを十分に楽しむことが出来ず、 小さいグラスでは分かりづらいことが多いです。なので大きめグラス高いワインと安いワインで飲み比べてみて下さい。 その違いに驚いていただけるはずです!!

 また、ぶどう品種はたくさんあり、味わいや香りにそれぞれ個性があります。 ワインを飲みなれていないとその違いが質によるものなのかぶどう品種によるものなのかを感じるのがとても難しいと思います。
 なので、同じぶどう品種で高いワインと安いワインを飲み比べてみると、これまたその違いに驚いていただけるはずです^^

 このメルマガ限定の格付けチェック!ワインセットをご用意いたしましたので、よろしければ、是非、お楽しみください!

事務スタッフ寺井より

スタッフの寺井です。
 高いワインは手間暇かけて作られているんだろうなぁと予想はしていましたが、 ぶどうの収穫高を10分の1まで落としたりもするとは驚きです。生産者の思いを感じながらじっくり味わうようにしないといけないですね。 高いワインを飲む機会はあまりありませんが・・・^^;
 「同じぶどう品種のワインを飲み比べる」これは興味津々です。事務スタッフの私も今回の内容を踏まえて飲み比べると、高いワインが分かりそうな気がします!

※注1:醸造方法やワインを熟成させる樽によっても味わいも値段も変ってきますし、 ほかの設備投資や広告宣伝費、更にブランド力、有名評論家の評価など価格に影響するものは多岐にわたります

※注2:マイナー産地に目もくれないのは中国人だけでなく、 日本人や世界のワイン好きもそうである場合が多いですが、現在の世界のワイン価格を急騰しているのは 中国人の需要がボルドーやシャンパーニュに集中することも原因のひとつです

メルマガバックナンバーの一覧ページへ